次世代型フランチャイズビジネスで収入源が格段に増えました

始めるか悩んでいる人へ!モリンダの活動について5つ教えます

モリンダ
この記事は約6分で読めます。

モリンダなどのネットワークビジネスに誘われることって一度はありますよね。

モリンダに誘われたけど、どうも話が良すぎて信用できないと思った方は多いのではないのでしょうか?

そのような状態で行うべきかどうか判断できない方の為に、元会員の私が実体験を元にまとめてみました。

※企業・グループなどにより多少異なる点もあると思いますがご了承下さい。

活動①:研修

まず、モリンダなどのネットワークビジネスに誘われた後に会員登録を行います。

企業により多少違いはございますが、会員登録後すぐに友人・知人に声掛けが出来るのではなく、まず研修を受けさせられます。

電話でアポ取りを行う時の話し方、話す内容・要点などについて教えられます。

そしてそれが100%真似出来るまで何日もやらされます。

具体的には練習をボイスレコーダーで録音し、その録音データーをアップラインに送ります。

そしてダメ出しを受け、また練習します。そしてまたボイスレコーダーに録音しデーターを送ります。

これを合格が出るまで何日・何週間と繰り返し行います。

また電話のアポ取りだけでなく、実際に勧誘する人に会ったことを想定した練習も行わされます。

これもボイスレコーダーで録音し、合格が出るまで繰り返し行います。

企業・グループによって多少異なりますが、いくつもの研修を受け、練習を繰り返しやっと活動を行うことが出来るようになります。

活動②:セミナーに参加

会員登録後は基本的にアップラインと共にセミナーに行くことがよくあります。

成功する為に必要なことと何度も教えられ、交通費・セミナー代を支払い仕事終わり、又は土日・祝日にいくことになります。

アップラインは成功する為に受けるべきと言い、一緒にセミナーにいくはめになります。

また、勧誘した人が同じように活動を始めた際には、自分がその人の付き添いとして一緒にセミナーに行くこともよくあります。

その為、自分が口コミ勧誘する時間も削られてしまいます。

モリンダなどのネットワークビジネスでは口コミ勧誘だけが活動時間と思われがちですが、実際には土日・仕事終わりにセミナーに参加したりなど、思ったより自分の時間が削られてしまいます。

また、費用も商品代金・交際費(カフェ代)だけだと思われがちですが、実際はセミナー代・交通費を含み、総額で言えば月々かなりお金が掛かります。

 

活動③:リストアップ作成

モリンダなどのネットワークビジネスでは、まず口コミ活動を行う前にリストアップを書かされます。

リストアップとは声を掛ける人のリストアップです。

企業・グループにより異なりますが100人又は200人リストアップ(見込み客)を書いていきます。

大抵の人は、100人・200人リストアップ行おうにも近い知人・友人だけ埋めるのはかなり困難です。

LINEに登録されている友人・知人は全員対象、近所のおばちゃん、遠い親戚、小学校・中学校・高校の同級生など思いつく限り書いていかないと100人・200人は埋まりません。

活動④:電話でアポ取り

ここから勧誘活動の開始です。

最初はアップラインが聞いている傍で電話を行います。又はアップラインとイヤホンを片耳ずつ共有して電話でアポ取りを行います。

電話を行っている時は、筆記で会話をしながら戦略を立てながら巧みにアポイントを取っていきます。

このアポイントの電話をする時は、いつも電話をする時とは異なりかなり緊張します。

かなり緊張する中、アポイントを取っていくのはかなり大変な作業になります。

また、親しい友人ならある程度気軽に電話出来るかもしれませんが、リストアップした遠い親戚やしばらく連絡を取ってなかった友人に電話を行うのはかなり大変です。

この電話でアポイントを取る段階で怪しまれてしまい拒絶される可能性もあります。

それでもめげずに電話を行っていくことが、大きな壁になります。

めげずに電話でアポイントを取り続けられるひとは精神的に強い人でないと厳しいかもしれません。

活動⑤:口コミとABC勧誘

アポイントを取った後は、当日一緒に説明して頂かく先輩上司に電話をした相手がどのような人物なのか連絡を取って説明します。

そしてどのように上手く勧誘するか戦略を練っていき当日まで準備します。

当日、実際に会って勧誘を行う方法として最初は電話をした相手と1対1で話します。

研修通りに1対1で話しながら夢の話や年金問題などの将来の不安の話を行います。

そしてビジネス・副業の必要性を説明し、徐々に行っているモリンダなどのネットワークビジネスの話を行います。

ある程度ビジネス内容について話をした後は、自分が行っているビジネスですごい人がいるから会わせたいと言い、自分を紹介した人を含むベテランの方を呼びます。

※このベテランの方は別の場所で呼ばれるまで待機しています。

または、偶然を装って会いに来たりします。

そして、ベテランの方・自分・電話をした相手の3人でモリンダなどのネットワークビジネスの説明・商品説明を行うことを、ネットワークビジネス業界用語でABCと言います。

モリンダなどのネットワークビジネスの口コミ活動の主な内容は、電話でアポ取りした相手をベテランの先輩に紹介することです。

ここで、勧誘した相手によってはひどく罵られることがあり、最悪絶縁される可能性もあります。

モリンダなどのネットワークビジネスの口コミ勧誘は良く言えば友達にビジネスを紹介する、悪く言えば先輩に友達を売っている活動とも言えます。

まとめ

これまでモリンダなどのネットワークビジネスの活動を大まかに5つに分けて説明しました。

研修では合格が出るまで繰り返し練習をしていきます。

土日・祝日・仕事終わりにセミナーに参加し交通費・セミナー代が重なり費用がかさむと同時に自分の時間が削られます。

リストアップでは声を掛けにくい、電話しにくい相手もリストにいれないと100人・200人見込み客を作ることはかなり困難です。

電話では先輩上司と一緒に友人・知人に片っ端から電話を行います。

口コミ・ABC勧誘では、先輩上司と事前に立てた戦略で巧みに勧誘していきます。しかし、この時に相手に嫌われたり、縁を切られる危険があるので覚悟はしておきましょう。

 

モリンダなどのネットワークビジネスは【人】を勧誘して成り立つビジネスです。

もし、あなたがモリンダを始めた時には知っている友人・知人をどんどん勧誘していきます。

口コミ勧誘のネットワークビジネスは勧誘した相手に同じことをさせる、つまり勧誘した相手にも同じ費用・リスクを負わせます。

モリンダなどのネットワークビジネスは同じことを相手にさせるコピービジネスであることを理解した上で活動をしていく必要があります。

友達に声を掛けられなくて困っていませんか?

ネットワークビジネスを始めてみたけど、「嫌われるのが怖くて口コミ出来ない」なんてことになっていませんか?

実際にモリンダを始めてみたけど、怖くて勧誘出来ない方は決して少なくありません。

しかし、ネットワークビジネスで【人】を勧誘出来なければ、もう稼ぐのを諦めるしかありません。

 

もし、相手から「話を聞いてみたい」「そのビジネス教えて欲しい」と言われる方法があれば興味はありませんか?

タイトルとURLをコピーしました