次世代型フランチャイズビジネスで収入源が格段に増えました

【衝撃】ニュースキンで稼ぐことが出来た人の驚きの末路とは…?

ニュースキン
この記事は約4分で読めます。

ニュースキンなどのネットワークビジネスでいわゆる成功者と言われる方たちは多くの人達から嫌がらせ受ける末路を辿ることが多いそうです。

そんな方たちの赤裸々な体験談に基づいてお伝えしていきます。

あなたがニュースキンなどのネットワークビジネスでいわゆる成功者を目指している場合、成功者と言われる人たちがどのような嫌がらせを受けてきたのか知っておく必要があります。

【初心者でもビジネスで月収100万円が目指せる時代になりました!】次世代のNMNビジネス

受ける嫌がらせ①:個人情報を晒される可能性がある

個人情報として名前・顔写真・電話番号・住所などが晒されることがあるそうです。

これは自分のグループ内メンバーの仕業であること可能性が高いです。

ニュースキンなどのネットワークビジネスは組織が大きくなればなるほど、知らない人がどんどん入ってきます。

ネットワークビジネスで稼ごうとして始めたのはいいものの、ネットワークビジネスで稼ぐことは難しいのが現状です。

ほとんどの人が稼げずに辞めていき、その中に「騙された!?」というような被害妄想が強い人が叩く側に回ることがあります。

そういう人たちから「詐欺の人」として個人情報を晒すなどの攻撃的な行動をとられることがあるそうです。

ニュースキンなどの口コミ勧誘のネットワークビジネスでは自分のグループに所属する会員を引っ張っていく必要があり、個人情報を隠すことはほぼ不可能に近いです。

また、自分が個人情報を教えなくても、会員内の人伝いに個人情報が回る場合があります。

受ける嫌がらせ②:脅迫電話が掛かってくる可能性がある

個人情報の内、電話番号を晒されると脅迫電話が掛かってくることがあるそうです。

ネットワークビジネスに誘われて稼ぐために入ったのはいいけど、稼げずに辞めた人の中には「騙された!!」と被害妄想が強い人の中には脅迫電話をかけてくる人がいるそうです。

また、怪しい企業に電話番号などの個人情報を提供され、怪しい企業から電話が掛かってくることもあるそうです。

脅迫電話が掛かってくるようになれば電話番号を変えればいいのですが、少し怖い気がします。

受ける嫌がらせ③:不動産が借りれられなくなる

100%ではございませんが貸主によっては不動産が借りれなくなることがあります。

これは貸主によっては貸す相手の名前を検索する人がいます。

家賃が高めのタワーマンションなどに多いそうです。

名前を検索して、その人が悪く言われている内容がネット上にあると借りれられなくなることがあるそうです。

自分の名義で借りることが難しくなったりすることもあるそうですが、住む家が無くなるわけではないので実害が決して大きいわけではないそうです。

受ける嫌がらせ④:警察が来て事情聴取を受ける

名前と住所が晒されていると警察に詐欺師として通報されることがあるそうです。

特定商取引法の法律をきちんと順守して活動を行っている方は事情聴取を受けるだけで済みます。

しかし、特定商取引法を無視して違法な勧誘活動を行っている方は意外と多く、違法な勧誘活動を行っている方は、その時点で捕まります。

受ける嫌がらせ⑤:怖い人が武器を持って押しかけてくる

一番怖いことは武器を持った怖い人たちが家などに押しかけてくることです。

警察は法律内で行動します。つまり、法律を守ってさえいれば何も問題はありません。

しかし、家などに突然押しかけてくる人達は法律は関係ありません。

速やかに警察を呼ぶなどの対処をする必要があります。

【初心者でもビジネスで月収100万円が目指せる時代になりました!】次世代のNMNビジネス

まとめ

ネットワークビジネスである程度成功し、人を引っ張っていく立場になると辞めていった人たちから個人情報を晒されることが多いようです。

晒された個人情報を基に…

・脅迫電話

・不動産が借りられない

・警察に通報される

・怖い人達がやってくる

などの嫌がらせ・被害を受けることがあるそうです。

ニュースキンなどのネットワークビジネスを始める人の多くは、成功することを夢みて始める方が多いですが、夢を叶えて成功した後も抱える問題は多いようです。

こうしたリスクを踏まえた上で個人情報を隠せない口コミのネットワークビジネスを始めるのか、活動を続けるのか検討する必要がありそうです。

タイトルとURLをコピーしました