次世代型フランチャイズビジネスで収入源が格段に増えました

ニュースキンの勧誘に論破は逆効果!?「要らない」の一言で十分です

ニュースキン
この記事は約4分で読めます。

ニュースキンなどのネットワークビジネスは人を勧誘し、会員が商品を購入することで広告代として商品の売り上げの一部が受け取れるビジネスです。

ニュースキンに限らずネットワークビジネスというものは、専門的な知識や技術を必要としません。

また、ビジネスを始めるのに会社員とは異なり面接もないため、誰でも始めることが出来ます。

誰でも始めることが出来るので、相手にことを考えて誠実にビジネス活動を行う人もいれば、利己的な考えで手段を問わず、勧誘してくる人もいます。

よくネットワークビジネスの勧誘はビジネスの勧誘と聞かされずに呼び出されて、ビジネスに興味があれば別ですが、興味のないビジネスを長時間聞かされるわけですから、当然腹が立ってきます。

相手を論破したい気持ちにもなってくると思います。

しかし、ニュースキンなどのネットワークビジネスを断る際に論破しようとしてはいけません!!

興味のないビジネスを延々と聞かされてイライラして相手を論破したい気持ちは分かりますが、論破してはいけません。

ネットワークビジネスに興味がなければ「必要ないから!!」の一言で十分です。

※私は某ネットワークビジネスに携わっています。私はニュースキンなどのネットワークビジネスには良い所もあれば、悪い所もあると思っており、ネットワークビジネスそのものを否定する気はありません。私はニュースキンなどのネットワークビジネスを始めようが断ろうが、関わる人が「騙された・聞いていた話と違う!」というような被害者が出ない為にお伝えしていこうと思います。ですので、ネットワークビジネスに携わった私が出来る限り中立的な立場でお伝えしていこうと思います。

相手はビジネスの良さが伝わっていないと思う…

ネットワークビジネスへの望まない勧誘、相手を論破したいと多くの方が思うと思います。

相手を論破しようとして話こんでしまうと、

●「ビジネスの良さが十分に相手に伝わっていない!!」

●「商品の良さが相手に伝わっていない!!」

●「マルチ=悪いものと思い込んでいる」

とニュースキンなどのネットワークビジネスに勧誘してくる人は思っています。

論破しようとするだけ時間の無駄です!!

相手が嫌がっていること察していない時点で話になりません!

また相手が嫌がっていることを察していても、かまわず続けて話をしてくる人に対して論破しようとしても相手には何のダメージもありません。

嫌がっている相手にビジネスの勧誘を続けるくらいですから…

【若返り】を用いた次世代のNMNビジネス!!月収100万円以上を目指しませんか?

断るのに言い訳をしてもダメ

「マルチ商法はするつもりはないよ!」

➡「マルチ商法は違法じゃないよ、海外では当たり前の素晴らしいビジネスだよ」

「商品が高いし、お金が無いから止めとく」

➡「お金がないからこそ、ビジネスを始めないと」

➡「商品も時代にそった値段以上にいいものばかりだよ」

と言い訳をすればするほど相手はどうにか丸め込もうとしてきます。

相手を傷つけずに断ろうとする意志を相手は汲み取ろうとせず、どうにか勧誘してこようとしてきます。

相手は今まで何度も同じ言い訳を聞いてきているわけですから、自然と言い訳の内容に対して丸め込んで勧誘してこようとしてきます

ニュースキンなどのネットワークビジネスや商品に興味がないのであれば「必要ないから!!」の一言で十分です。

ネットワークビジネスに興味のない人に長々と勧誘することは、お互いにとって時間の無駄です。

そこに気づかない勘違いネットワーカーと話をする必要はありません。

「要らないから」の一言で押し通しましょう。

要らない理由をひねり出して相手に伝え納得させる必要は全くありません。

まとめ

ニュースキンなどのネットワークビジネスに勧誘された時、望まない勧誘であれば相手を論破したいと思ってしまいますが論破しようとしてはいけません。

論破しようとして話をするほど、相手はまだチャンスがあると勘違いしてしまいます。

こっちが大人になったつもりで、「必要ないから!!」の一言ですませましょう。

論破しようとするということはあなたの貴重な時間を奪ってしまうことになってしまうので…

人が細胞レベルで若返る!?人はついに老いを克服しました!若返り成分NMNとは?

 

タイトルとURLをコピーしました