次世代型フランチャイズビジネスで収入源が格段に増えました

オートビー・ジャポンについてMLMの視点からお伝えします!!

オートビー・ジャポン
この記事は約7分で読めます。

オートビー・ジャポンなどのMLMは専門的な知識・技術を必要としないので誰でも始めることが出来ます。

 

オートビー・ジャポンなどのMLMは、多くは友人・知人から口コミ勧誘されることが始めるきっかけだと思われます。

 

しかし、いきなりオートビー・ジャポンに勧誘されても、基本的なMLMについて何も知らなければ始めるかどうかの判断が出来ないと思われます。

 

オートビー・ジャポンをMLMという観点からお伝えしていきます。

MLMとは?

MLMはマルチレベルマーケティング(MLM)と言われるビジネスモデルの仕組みをもつビジネスです。

 

マルチとは’多段階’という意味があり、多段階に商品の流通を生み出していくビジネスなのでマルチレベルマーケティングと言われています。

 

また、その他の呼び方ではマルチ商法とも言われます。

 

日本ではマルチと聞くと、違法!詐欺!と勘違いされている方が大勢いらっしゃいます。

 

しかし、マルチ商法は違法ではなくきちんとしたビジネススタイルの1つです。

 

MLMで取り扱う商品は主にサプリメント化粧品、そして日用品といったリピート率が高い物を取り扱っています。(※他にも浄水器や美顔器など耐久商品を扱う企業も一部あり)

 

そもそもMLMでは口コミで商品の流通を広げていきますが、これには理由があります。

 

一般的な商品の流通はテレビ広告を行い、小売店で商品が販売されます。MLMで扱う商品は非常に高品質なのですが、その分値段が高くなってしまいます。

 

一般的なテレビ広告は約15~30秒しか時間がなく、商品の良さを十分に伝えることが出来ません。

 

それでは、同じ種類の商品を小売店で販売しても値段の安い商品が売れてしまい、比較的値段が高くなってしまう商品は売れません。

 

そのため、MLMで口コミでしっかり商品の良さを伝えることで出来る手法を取る必要があります。

MLMとねずみ講・悪徳マルチの違い

非常に残念なお話ですがオートビー・ジャポンのようなMLMはねずみ講悪徳マルチ商法と勘違いされやすいです。

 

MLMは商品の流通を口コミで広げていくことが主目的ですが、ねずみ講は商品の流通ではなくお金のやり取りが主目的なので商品がありません。

 

MLMとねずみ講の違いは、商品があるかどうかです。

 

また、悪徳マルチ商法というものは価値の無い商品を高額で買わせて、会員を募っていくものです。

 

数千円しか価値のない商品を数十万円で買わせるといった方法です。そして、悪徳マルチ商法のトップはある程度稼ぐことが出来たら、逃げてまた別の場所で社名を変えて活動します。

 

ねずみ講は商品の有無で判断がつきますが、悪徳マルチ商法は商品があるので上手く丸め込まれないように注意が必要です。

 

セミナーを行っていない、会社の本部が無いといったあまり目立つような活動をしていない企業は少し注意が必要かもしれません。

 

マルチ商法(MLM) = 合法ビジネス

悪徳マルチ商法(価値の無い商品を高額で買わせる)・ねずみ講 = 違法ビジネス

MLMの報酬の仕組み

MLMは基本的には商品を人へ紹介するビジネスです。

 

あなたがAさんに商品を紹介し、Aさんが商品を気に入り商品を購入することで、その紹介料(口コミ宣伝料)として報酬が貰えます。

 

その後、Aさんが商品を購入するたびに売り上げの一部が紹介料としてあなたに支払われます。

 

Aさんが商品を気に入って商品を定期的に買ってくれればAさんが商品を購入する度に、あなたにずっと紹介料が支払われるのです!

 

一度、定期的に商品が買ってもらえる仕組みを作ると活動しなくてもお金が入ってくるので不労所得を得ることになります。

MLMの特徴

MLMは、一般的な販売形態と大きく異なり独自の販売形態を構築しているビジネスです!

 

特徴① ダイレクトセリング(直接販売)

MLMの特徴としては、ダイレクトセリング(直接販売)と言われる特有の販売形態をしています。

ダイレクトセリング(直接販売)のメリット

一般的な商品の流通はメーカー➡運送業者➡小売店などいくつも企業を介して商品が消費者の手に渡るため、必要以上に費用がかかってしまいます。

 

MLMではメーカーから消費者へ直接的に販売する為、一般的な販売形態に比べて中間業者を挟まない為に中間業者の費用を抑える事ができます。

 

この中間業者を利用しないという面で得られる最大のメリットがコストダウンです。

 

そのため、良質な商品を比較的安い値段で売ることが出来ます。

 

市販の商品は広告代・運送費・販売店のマージンなどが商品代金に上乗せされており、原価数円~数十円の商品が数百円することが当たり前になっていきます。

ダイレクトセリング(直接販売)のデメリット

MLMの特徴として低価格で高品質を実現できるのは良いのですが、デメリットもあります。

 

MLMは、コスト削減の為、TV広告などは極力しない為、消費者への認知度が低いのが欠点です。

 

テレビ広告などは消費者から絶対的な信頼を得ているため、テレビで紹介されている商品とそうでない商品の認知や認識は大きく異なります。

 

どうしても広告宣伝費を削減しなければ低価格で高品質の商品を販売できない為に、広告宣伝は、MLM会社のディストリビュター(販売員)に頼らざる負えないのです。

 

そのため、ディストリビューターの口コミ宣伝や勧誘活動にて宣伝の為に消費者へ情報が伝わりにくく認知されるまでに時間がかかる為に認知度が低くなりやすいのです。

特徴② 権利収入

権利収入

MLMの販売員のことをディストリビュターと一般に言います。(※企業によっては一部名称が違う場合があります。)

 

このディストリビューターの報酬が権利収入型の報酬なのです。

 

権利収入とは?漫画家やアーティストなどの印税収入と同じく、自分が働いていなくても毎月報酬が発生する不良所得とも言われる報酬の事なのです。

 

先ほどもお伝えしましたが、あなたが紹介した人が商品を愛用し定期的に購入して貰える限り安定した権利収入を得ることが出来ます。

特徴③ 月収100万円以上も可能な報酬システム

高額収入

MLMの業界では、トップで活躍されている方々は月収数千万円以上!も稼いでいる方もいるくらいです!

 

MLMの特徴の一つとしては、頑張りしだいでお金持ちになる事が可能なビジネスモデルなのです。

普通に会社員として仕事を続けているだけでは到達出来ない年収まで得ることも努力次第では得ることも出来ます。

まとめ

オートビー・ジャポンをMLMの視点からお伝えしてきました。

 

オートビー・ジャポンなどのMLMは、ねずみ講や悪徳マルチと同一と勘違いされやすいビジネスですが、しっかりとした合法ビジネスなのです。

 

MLMで商品の流通を広げるのは、それ相応の理由があり、MLM=マルチ商法だから悪いものということではありません。

 

マルチ商法は扱い方次第では、良いビジネスにもなれば、ねずみ講などの違法なものにもなります。

 

MLMで得る収入は基本的に権利収入であり、上手くいけば活動しない時でも安定して収入を得ることが出来ます。

 

また、活動の頑張り次第では年収1000万円以上も夢ではありません。

タイトルとURLをコピーしました